TOKYOU SEICHOU KAI

定例会

 

平成22年度活動

 

日時 平成 23 年 9 月 3 日(土) 13 時 30 分〜 17 時 00 分

場所 土地家屋調査士会館 3 階会議室

http://www.tokyo-chousashi.or.jp/info/index.html

〒 101-0061

東京都千代田区三崎町 1-2-10

土地家屋調査士会館

TEL : 03-3295-0587 (代表)

FAX : 03-3295-4770 (専用)

 

テーマ「土地家屋調査士の未来に向けて」

講師 鈴木修先生

 

 

 

第四回定例会 (合同研修会)

日時 平成 23 年 7 月 2 日(土) 13 時 15 分〜 17 時

場所 土地家屋調査士会館 3 階会議室

http://www.tokyo-chousashi.or.jp/info/index.html

 

テーマ@「土地区画整理事業について 2 」〜区画整理測量の実際〜  講師 藤井一嘉先生

13 時 15 分から 14 時 15 分

テーマAADRと筆界特定制度の総論 講師 大倉健司先生 

14 時 30 から 17 時

 

 

 

 

○第三回定例会

日時 平成 23 年 5月 14 日(土) 13 時30分〜 16時45分

場所 土地家屋調査士会館3階会議室

テーマ@ 「土地台帳の読み方・初級編」 講師 藤枝会員  ( 13 時 30 分〜 15 時予定)

 

テーマA「土地区画整理事業について」〜区画整理測量の実際〜  講師 藤井会員 ( 15 時 15 分〜 16 時 45 分予定)

 

B質疑応答

講義にあたっての質疑応答

 

 

 

○東日本大震災「士業連携研修会」

日時 平成 23 年 4月 25 日(月) 19 時00分〜 20時45分

場所 東京土地家屋調査士会館3階会議室

テーマ  『震災相談と臨床心理学の基礎知識』

1 (基調講演)「震災相談と臨床心理学の基礎知識」 

講師:臨床心理士 稲本絵里先生(日本医科大学永山病院) 

2 日本弁護士政治連盟企画委員会、東京青調会より活動報告 

★開催にあたって 

被災者の支援や復興における各種課題に対応するためには、単独の士業だけ 

では限界があります。士業同士がともに研修・研鑽の場を設け、相互に知識を 

交換することが不可欠です。そ こで、土 地家屋調査士と弁護士が中心となって、 

共通の課題に対応するための研修会を開催する運びとなりました。 

基調講演として、臨床心理士の先生をお招きし、相談時に直面する課題である 

「被災者の心のケア」について学びたいと考えております。 

★主 催 

日本弁護士政治連盟企画委員会・東京青調会 

 

 

「第 2 回 東日本大震災 士業連携研修会」

日時
平成 23 年 9 月 28 日水曜日
18 時 30 分から 20 時 30 分
場所
土地家屋調査士会館三階会議室

懇親会
場所会館付近
金額 4000 円程度

企画の概要
「第 2 回 東日本大震災 士業連携研修会」

テーマ
1 被災地必携!「復興のための暮らしの手引き〜ここから
KOKOKARA 」

2 被災者の悩みとニーズを知る〜弁護士による無料法律相談集計結果
の報告(仮)

3阪神・淡路大震災における境界復元のあり方

企画の詳細
1 相談必携「復興のための暮らしの手引き〜ここから KOKOKARA 」
講師 平岩利文(弁護士、第一東京)
※ 手引き作成に至る経緯、手引きの周知徹底方法など、会場からの意見交換も積極的に実施。約40分+質疑

2 被災者のニーズを知る〜弁護士による無料相談集計結果の報告

講師 岡本 正(弁護士、第一東京)
※ 日本弁護士連合会による既発表資料(18000件ベースのもの)を元
に、担当者が独自の見解で被災者のニーズを解析、解説する。約 40分+質疑
3 阪神・淡路大震災における境界復元のあり方(仮)
講師 小木曽 聡(土地家屋調査士 東京土地家屋調査士会)
※ 阪神・淡路大震災時の境界の復元事例と問題点を示し,震災後の境界復元・確認の手法について解説する。

 

 

 

○4青会合同研修会

 1 日 時  平成 23 年 4 月 20 日( 水 ) 午後6時30分〜8時30分

 2 場 所 司法書士会館「日司連ホール」(地下1階)

新宿区本塩町9番地3  TEL03-3353-9191

四ツ谷駅下車 徒歩5分

(法テラス側の外堀通りを市ヶ谷方面に真っ直ぐ下る。

住友生命四谷ビルと雪印乳業の本社ビルの間のビル) 

http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/intro/map.pdf

3 テーマ  「土地家屋調査士の世界」

      ※土地家屋調査士の業務内容の解説、ADR(裁判外紛争解決制度)

などケーススタディを交えた実践的な講義を行います。

※筆界特定制度についても解説いただく予定です。

4 講師   土地家屋調査士 田中 浩史 先生

5 参加費  資料代として 青司協会員500円 非会員1500円

6 主 催  東京四青会(青年法律家協会東京支部・東京青年税理士連盟・東京青年司

       法書士協議会・東京青調会)

 

 

 


   


○第二回定例会

日時 平成 23 年 3月 26 日(土) 13 時30分〜 17時00分

場所 土地家屋調査士会館3階会議室

テーマ  『土地家屋調査士業務の未来に向けて』

講師  鈴木 修先生 

3月26日の定例会は中止になりました。 

 

 

 

 

 

 

○第一回定例会

日時 平成 23 年 1 月 8 日(土) 13 時30分〜 16時50分

場所 中野サンプラザ 研修室 1

テーマ  『建築士から見る土地家屋調査士業務』

担当会員 土沼、角田、池添 

中野サンプラザ

東京都中野区中野 4-1-1

TEL  03-3388-1151

研修室 1

http://www.sunplaza.jp/meeting/index2.html#01

 

 

○その他

レクリエーション 、分科会

 

※4月に開催予定でしたバーベキューは延期となりました、申し訳ございません。

6月以降に開催予定です。

 

基準点測量分科会 平成23年4月30日までメンバー募集しております。

 

真北測量分科会  平成23年5月14日までメンバー募集しております。

 

 

平成 23 年度東京青調会定時総会
日時:平成 23 年 10 月 15 日(土) 18 : 00 〜 20 : 30
場所:中野サンプラザ 会場  15 階 宴会場エトワール
    東京都中野区中野 4-1-1
http://www.sunplaza.jp/access/index.html
第一部 定時総会( 30 分程度)
第二部 懇親会( 2 時間程度)

 


平成21年度活動報告

 

 

 

 

 

愛知大会 
平成22年11月20日(土) 13時〜

場  所  メルパルク名古屋3階カトレア

      第1部 「我々が目指すグランドデザイン」

      第2部 「パネルディスカッション」 

      懇親会  メルパルク名古屋3階カトレア

      参加者東京青調会7名

 

四青会研修会

 日時  平成22年12月1日(水)18時30分〜

 場所  渋谷区立商工会館 大研修室

 テーマ 「数次相続と時効取得の判決による登記」    

 参加者 研修会14名 懇親会10名

 

 

 

平成21年度活動報告


定例会

平成22年1月9日(土)

場 所 千葉県土地家屋調査士会会館

内 容 第1部  筆界特定調査員の実例報告 東京青調会 竹内孝至氏
      第2部 筆界特定測量実施者の実例報告  東京青調会 藤枝一郎氏
     第3部 ADRの実例報告 千葉青調会 田中浩史氏
     第4部 パネルディスカッション

講 師 東京青調会、千葉青調会会員
      定例会参加者 東京40名 千葉17名 合計57名
      懇親会参加者 東京28名 千葉11名 合計39名

平成22年3月13日(土)

場 所 中野サンプラザ 7階 研修室8

内 容 土地家屋調査士の業務拡大実例

講 師 児玉勝平 氏
略 歴 日本土地家屋調査士会連合会 業務部理事、
     宮崎県土地家屋調査士会 副会長 
     定例会参加者 27名
     懇親会参加者 18名

平成22年5月15日(土)

場 所 中野サンプラザ 7階研修室 10

内 容 第1部 経営者として求められる調査士のスキルとは 
     第2部 平板測量実演と特性の検証
講 師 小山淳一氏
略 歴  東京都立中央・城北職業能力開発センター
      赤羽校 講師、土地家屋調査士
     定例会参加者 50名
     懇親会参加者 21名


平成22年7月10日(土)

場 所 水道橋 貸教室・貸会議室「内海」
内 容 14条地図・地籍調査 実例報告
講 師 東京青調会会員      
     三嶋会員(墨田)
    ・地籍調査の作業工程説明、展望等

     村越会員(品川)
    ・14条地図基準点設置の実例報告
               
      八巻会員(墨田)
    ・地籍調査現場作業の実例報告

      高野会員(葛飾)
     ・14条地図現場作業の実例報告
    
     定例会参加者 39名
     懇親会参加者 12名
   

平成22年9月18日(土) 午後

場 所 水道橋 「LMJ東京研修センター」

時 間 13:00〜17:00

内 容 位置参照点事業の実例発表と展望
      
講 師 藤井十章氏

略 歴 日調連研究所研究員、
     兵庫県土地家屋調査士会情報管理委員会委員長
    
    定例会参加者 東京40名 他会21名 合計61名
    懇親会参加者 東京20名 他会18名 合計38名

 

 

 

総 会

平成22年10月16日(土) 18:00〜受付

場所:「ホテルジュラクお茶の水」中2階 白鳥の間
   東京都千代田区神田淡路町2-9
    「お茶の水」徒歩2分、「秋葉原」徒歩10分
第一部 定時総会
第二部 懇親会


平成20年度活動報告



定例会

平成21年1月10日(土)

場 所 水道橋貸会議室 内海

内 容 第1部 隣地への立会依頼文の書き方 

     第2部 地租改正から土地台帳編成へ

講 師 元東京会会員 野村ワ作 先生
      参加者 46名

平成21年3月21日(土)

場 所 水道橋貸会議室 内海

内 容 第1部  二線引畦畔の事例報告

     第2部 座標変換の基礎・誤差について

講 師 東京会 新宿支部会員 小野孝治 先生

      参加者 37名

平成21年5月9日(土)

場 所 中野サンプラザ

内 容 立法事実を得て伸ばそうとする力

     ―近年の土地家屋調査士を取り巻く環境とこれから―

講 演  講師 日調連名誉会長 西本孔昭 先生

     第2部 座談会                 

     参加者 48名


平成21年8月1日(土)

場 所 水道橋貸会議室 内海

内 容 土地家屋調査士に関する関係法令研修会

      参加者による例題検討、意見交換

講 義  講師  LEC 東京リーガルマインド専任講師 金子 博先生

     参加者 42名

平成21年9月12日(土)

場 所 中野サンプラザ

内 容 第一部 調停トレーニング研修会ダイジェスト版

     第二部 千葉会ADRセンターの実情

講 師 境界問題相談センターちば センター長 高橋一修先生
      参加者 25名

 

●臨時総会

平成21年1月10日(土)

場 所 水道橋貸会議室 内海 101会議室

     総会員73名中 正会員数62名、
      うち出席者・委任状提出者45名。

議 案 会則第22条、第24条変更の件

     可決、承認。

●山梨青調会設立総会

平成20年10月25日(土)

場 所  山梨県中巨摩郡昭和町アピオタワー 12 階

      東京青調会 参加者 6名



福 岡 会 議

平成20年11月22日(土)

場  所  福岡センタービル 10F

      第1部 「ADRセンターの現状と今後の展望」

      第2部 「土地家屋調査士の将来」 

      懇親会  博多ベイクルーズ マリエラ

      東京青調会参加者 9名

 

 

福島青調会設立記念講演会


平成21年2月14日(土)

場  所  郡山駅前 西口 ビッグアイ 7F 会議室

講  師  滋賀県土地家屋調査士会 業務部理事 上田忠勝先生

        「共通参照システムの構築について」

       ―LPMSの説明とその背景―

       東京青調会参加者 3名、会員補助者1名


●調停トレーニング研修会

平成21年7月18日(土)〜20日(月)
場 所 水道橋貸会議室 内海

内 容 調停技法について

講 師 九州大学教授 レビン小林久子 先生

     参加者 25名

 

レクリエーション

平成21年4月12日(日)

場 所 立川昭和記念公園

内 容 バーベキュー大会

     参加者 40名(会員20名、会員家族20名)


新 年 会

平成21年1月1 0 日(土)

  場 所  水道橋 「具満たん」 参加者 32名



● 基準点測量分科会

 参加者26名  5名編成の班での計画、観測、計算等の研修。

           現在も進行中。



▼バックナンバー
  ・平成15年度 
  ・平成16年度
  ・平成19年度
  ・平成20年度

 
 
Copyright (C) TOKYO SEICHOU KAI. All Rights Reserved.